第61回 ( 2015年 ) AM61~AM65

臨床検査技師国家試験第61回 ( 2015年 )
スポンサーリンク

61. 疾患-診断に用いる細胞表面マーカー

  • Hodgkinリンパ腫-CD30
  • 後天性免疫不全症候群-CD4
  • 成人T細胞白血病-CD3・CD4・CD25
  • 急性前骨髄球性白血病-CD13・CD33
  • 発作性夜間ヘモグロビン尿症-CD55
    • CD55およびCD59は補体制御因子であり ,発作性夜間ヘモグロビン尿症ではこれらが欠損することにより溶血をきたす

62. ビタミンB12欠乏性貧血 ( 巨赤芽球性貧血 ) の骨髄塗抹標本で特徴的な所見は核と細胞質の成熟乖離である

  • ビタミンB12が欠乏することによりDNA合成が障害されて核の成熟が遅延するために生じる

63. 線溶亢進で上昇するのはFDPプラスミン-プラスミンインヒビター複合体 < PIC > である

64. 溶血性貧血で低下するのはハプトグロビンである

  • LD・間接ビリルビン・フェリチン・網赤血球数は上昇する

65. 敗血症などの重症細菌感染症では好中球に中毒性顆粒がみられる

  • 中毒性顆粒は敗血症などの重症細菌感染症で好中球の消費が激しく ,成熟分化が追い付かない状態となったときにみられ ,その本態はアズール顆粒である
タイトルとURLをコピーしました