第61回 ( 2015年 ) AM66~AM70

臨床検査技師国家試験第61回 ( 2015年 )
スポンサーリンク

66. 骨髄塗抹Wright-Giemsa染色標本

  • 形質細胞が著増しており ,多発性骨髄腫が考えられる

67. von Willebrand病と血友病Aの鑑別に有用なのはリストセチンコファクター活性出血時間である

  • von Willebrand病ではリストセチンコファクター活性が低下し ,出血時間が延長する
  • 血友病Aでは出血時間は延長しない

68. インフルエンザウイルスはカプシドを有するRNAウイルスである

  • インフルエンザウイルスはビリオン表面にエンベロープを有するエンベロープウイルスである

69. 菌種-染色法

  • Aspergillus fumigatus-Grocott染色
  • Clostridium tetani-Wirtz法 ( 芽胞染色 )
  • Corynebacterium diphtheriae-Neisser染色 ( 異染小体 )
  • Mycobacterium kansasii-オーラミン法 ( 蛍光染色 )
  • Nocardia asteroides-Kinyoun染色 ( 抗酸菌染色 )
    • Hiss法は莢膜 ,Leifson法は鞭毛 ,墨汁法はCryptococcus neoformansの染色法である

70. 分離培地の成分

  • サブロー寒天培地の組成であり ,糸状菌 ( Trichophyton属など ) や酵母様真菌 ( Candida albicansなど ) の培養に用いる
タイトルとURLをコピーしました