第61回 ( 2015年 ) PM11~PM15

臨床検査技師国家試験第61回 ( 2015年 )
スポンサーリンク

11. 自己抗体-疾患

  • 抗Sm抗体-全身性エリテマトーデス ( SLE )
  • 抗CCP抗体-関節リウマチ
  • 抗RNP抗体-混合性結合組織病
  • 抗ミトコンドリア抗体-原発性胆汁性肝硬変 ( 原発性胆汁性胆管炎 )
  • 抗アセチルコリン受容体抗体-重症筋無力症
    • 全身性エリテマトーデス ( SLE ) では抗Sm抗体のほか ,抗dsDNA抗体や抗ヒストン抗体なども検出される
    • 関節リウマチで検出される自己抗体では抗CCP抗体のほか ,リウマトイド因子も重要である

12. 肺水腫でみられる喀痰の性状として漿液性泡沫性がある ( ※ )

※ 解複数 ( ”正しいのはどれか”の問に対して解が2つ ) の問題

13. ( 1 → 3 ) β-Dグルカンはカンジダやアスペルギルス ,ニューモシスチスなどの真菌感染症で上昇する

  • β-Dグルカンは真菌の細胞壁を構成する多糖体であり ,深在性真菌症の診断や治療効果の判定に用いられる

14. 甲状腺機能低下症ではCK総コレステロールが高値となる

  • このほか ,LDやASTも上昇する

15. 原発性アルドステロン症は低カリウム血症の原因となる

  • 溶血・腎不全・真性赤血球増加症・本態性血小板血症では高カリウム血症となる
タイトルとURLをコピーしました