第61回 ( 2015年 ) PM61~PM65

臨床検査技師国家試験第61回 ( 2015年 )
スポンサーリンク

61. 赤血球沈降速度

  • DICでは遅延する
  • 赤血球増加症では遅延する
  • 活動性の結核では促進する
  • 原発性マクログロブリン血症では促進する
  • 急性炎症の回復期ではCRPのほうが早く正常化する

62. 疾患・薬剤の服用-低下する血小板凝集能

  • 血小板無力症-ADP一次・ADP二次・コラーゲン凝集能
  • アスピリン服用-ADP二次・コラーゲン凝集能
  • von Willebrand病-リストセチン凝集能
  • Bernard-Soulier症候群-リストセチン凝集能

63. 血液検査で赤血球300万 / μl ,Hb 6.0 g / dl ,Ht 21 %であった.

  • MCV ( Ht / 赤血球数 ) が70 flと低下しており小球性貧血が考えられ ,サラセミア鉄欠乏性貧血が疑われる
  • MCV ( Ht / 赤血球数 ) の基準値は80~99 flである

64. 末梢血塗抹Wright-Giemsa染色標本

  • 典型的な涙滴赤血球を認めることから骨髄線維症が考えられる

65. 慢性骨髄性白血病の慢性期にみられるのは末梢血の好塩基球増加9番と22番染色体の相互転座である

  • 慢性骨髄性白血病は9番と22番染色体の相互転座によりBCR / ABL融合遺伝子が生じることが原因の疾患である
タイトルとURLをコピーしました