第61回 ( 2015年 ) PM96~PM100

臨床検査技師国家試験第61回 ( 2015年 )
スポンサーリンク

96. 図の回路は反転増幅回路である

  • 演算増幅器 ( オペアンプ ) の反転入力端子に入力された信号は , 出力では位相が180 °反転しているため反転増幅回路と呼ばれる

97. CR結合回路 ( 微分回路 ) に2Vのステップ電圧を入力したときの出力波形の図

  • この回路の時定数 [ ms ] は5である
  • CR結合微分回路における時定数は出力電圧が入力電圧の約37% ( 1 / e ) に低下するまでの時間である
  • 2Vの37%= 0.74Vになる時間は約5 [ ms ] となる

98. 二進法で110から11を引いた値は11である

99. USBはインターフェースの規格である

  • ALUは演算装置 ,CRTはブラウン管 ,OCRは光学式文字読取装置 ,RAMは記憶装置のことである

100.光学顕微鏡の使用法

  • 低倍率から高倍率の順で観察をおこなう
  • 視野絞り像が視野の内側になるように調節する
  • ピント合わせはステージを徐々に下げながらおこなう
  • 対物レンズを交換する際はレボルバを持って回転させる
  • 使用する対物レンズの開口数に照明系の開口数を合わせる
タイトルとURLをコピーしました