第62回 ( 2016年 ) PM76~PM80

臨床検査技師国家試験第62回 ( 2016年 )
スポンサーリンク

76. ヒト免疫不全ウイルス < HIV >

  • 逆転写酵素をもつ
  • RNAウイルスである
  • ワクチンは実用化されていない
  • エンベロープを保有する
  • CD4陽性T細胞に感染する

77. プリオンの構成要素は蛋白質である

  • Creutzfeldt-Jacob病はプリオンを原因とする疾患の代表例である

78. 感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律

  • Corynebacterium diphtheriae-2類感染症
  • Mycobacterium tuberculosis-2類感染症
  • Salmonella Typhi-3類感染症
  • Vibrio cholerae-3類感染症
  • Yersinia pestis-1類感染症

79. 免疫担当細胞

  • キラーT細胞はCD8陽性である
  • Th2細胞は抗体産生を促進する
  • Treg細胞は免疫応答を抑制する
  • Th2細胞は液性免疫を促進する
  • キラーT細胞はMHCクラスⅠ発現細胞を殺傷する

80. 次の模式図においてIgG濃度の変化を示すのはである

  • IgGは胎盤通過性があり ,新生児は母体からの受動免疫を保持することができるが ,自身のIgG産生能が不十分な生後6か月頃までは母体由来のIgGは低下し続ける
  • ③はIgM , ④はIgA濃度の変化を示す
タイトルとURLをコピーしました