第63回 ( 2017年 ) AM46~AM50

臨床検査技師国家試験第63回 ( 2017年 )
スポンサーリンク

46. 思春期以降の胸腺は萎縮する

  • 授乳期の乳腺・高齢者の前立腺 ( 前立腺肥大症など ) ・腎摘出後の残存腎・スポーツ選手の心臓では肥大が起こる

47. 膵癌

  • 予後不良である
  • 早期発見が難しい
  • 男性にやや多い
  • 浸潤性膵管癌が多い
  • 肝臓への血行性転移が多い

48. 大腸癌

  • 高~中分化型腺癌が多い
  • S状結腸と直腸に好発する
  • 大腸腺腫症で好発する
  • 小腸癌より発生頻度が高い
  • Borrmann分類を用いるが早期癌は対象としない

49. 中和操作を要する脱灰法・脱灰液として電気脱灰法プランク・リクロ < Plank-Ryuchlo法 > などがある

  • プランク・リクロ < Plank-Ryuchlo法 > では塩酸が用いられているため ,脱灰操作後に5 %硫酸ナトリウムなどに浸ける中和処理が必要となる

50. ミクロトームの刀台でおこなう操作として逃げ角の設定 ( 2~5 °) と引き角の設定 ( 滑走式:45~60 ° 回転式:90 ° ) がある

タイトルとURLをコピーしました