第63回 ( 2017年 ) AM76~AM80

臨床検査技師国家試験第63回 ( 2017年 )
スポンサーリンク

76. Candida属で仮性菌糸を形成しないのはC.glabrataである

77. プリオン蛋白が病原因子となる疾患としてウシ海綿状脳症Creutzfeldt-Jacob病がある

78. Aspergillus fumigatusの模式図

  • 矢印部分は頂嚢である

79. 免疫寛容の破綻が発症原因となる疾患として関節リウマチがある

  • 自己免疫疾患は自己抗原に対する免疫寛容の破綻が原因となる

80. 免疫応答

  • 一次反応ではIgGはIgMに遅れて出現する
  • 二次反応でもIgG ,IgMともに出現する
  • 一次反応で記憶B細胞が生じる
  • 二次反応は初回と同じ抗原を2回目に投与したとき起きる
  • 一次反応より二次反応の方が多くの抗体が産生される
タイトルとURLをコピーしました