第63回 ( 2017年 ) AM86~AM90

臨床検査技師国家試験第63回 ( 2017年 )
スポンサーリンク

86. ABO式血液型判定

  • ウラ検査は血球濃度3~5 %でおこなう
  • オモテ検査とウラ検査を両方おこなう
  • カラム法でも部分凝集が判定できる
  • 部分凝集がみられるときは亜型の可能性がある
  • スライド法では判定用抗体滴下後よく混和して2分程度で判定する

87. 患者がO型であるとき ,O型以外の赤血球製剤を輸血すると急性溶血反応が起こる

  • A型やB型では同型の赤血球製剤かO型赤血球製剤が適応でき ,AB型ではABO血液型すべての赤血球製剤が適応できる

88. 血液製剤とその使用目的

  • アルブミン製剤は出血性ショックや難治性浮腫などの病態改善を目的として用いられる
  • 新鮮凍結血漿は凝固因子の補充を目的とする
  • 赤血球液は末梢循環系への酸素補給を目的とする
  • 血小板濃厚液は手術前患者の血小板数を 5万 / μl 以上にすることを目的とする

89. 直接抗グロブリン試験の目的として赤血球感作蛋白の検査自己免疫性溶血性貧血の検査がある

  • 不規則抗体の検査・抗体解離試験の抗体特異性の検査・新生児溶血性疾患の母親血清の検査は間接抗グロブリン試験でおこなう

90. 予防

  • がん検診-二次予防
  • 健康教育-一次予防
  • 予防接種-一次予防
  • 精神科デイケア三次予防
  • リハビリテーション三次予防
タイトルとURLをコピーしました