第63回 ( 2017年 ) PM11~PM15

臨床検査技師国家試験第63回 ( 2017年 )
スポンサーリンク

11. 慢性膵炎では脂肪便が認められる

  • このほか ,閉塞性黄疸などによる胆汁欠乏でも脂肪便がみられる

12. ネフローゼ症候群

  • 2型糖尿病が原因となることが多い
  • 微小変化群によるものは小児に多い
  • 紫斑病性腎炎によるものは小児に多い
  • 尿蛋白の診断基準は3.5 g / 日以上である
  • 診断基準に高コレステロール血症がある

13. 血清と比較した血漿検体の特徴としてLD活性の偽高値が少ない ,凝固因子が含まれていることなどが挙げられる

14. コルチゾールは血中濃度が朝方から午前中に高く ,午後から夜間にかけて低くなる

  • アドレナリンは昼間に高値で夜間に低値 ,アルドステロンは早朝に高値で夜間に低値 ,抗利尿ホルモンは日中に低値で夜間に高値 ,甲状腺刺激ホルモンは夕方から高値となり昼間は低値となる

15. 慢性閉塞性肺疾患の病態を示すものとして肺気腫慢性気管支炎がある

  • 間質性肺炎やサルコイドーシスは拘束性肺疾患である
タイトルとURLをコピーしました