第64回 ( 2018年 ) AM11~AM15

臨床検査技師国家試験第64回 ( 2018年 )
スポンサーリンク

11. 一次救命処置 < BLS >

  • 1. 意識を確認する
  • 2. 応援を呼ぶ
  • 3. 呼吸を確認する
  • 4. 胸骨圧迫をおこなう
  • 5. 自動体外式除細動器 < AED > を用いる
    • “心肺停止の原因を検索する”などの原因の究明は救命処置の後の作業となる

12. 骨髄において赤芽球の過形成を呈するのは自己免疫性溶血性貧血である

  • 溶血によって代償的に赤血球産生が亢進し , 赤芽球が過形成となる

13. 本態性血小板増加症は偽性高カリウム血症の原因になる

  • 本態性血小板増加症に起因する偽性高カリウム血症はヘパリン採血による血漿カリウム値測定により確認できる
  • 採血時 ( 後 ) の溶血でも偽性高カリウム血症となる

14. 動脈血ガス分析においてpHが酸性 ,AG < アニオンギャップ > が正常であるとき考えられる病態として尿細管性アシドーシスなどがある

  • 尿毒症・乳酸アシドーシス・糖尿病性ケトアシドーシスではAGが上昇する ( 高アニオンギャップ性代謝性アシドーシス )
  • AG < アニオンギャップ > =Na- ( Cl+ HCO3 )
  • AGの基準値は12±2 mEq / L ( mmol / L ) である

15. CA15-3は乳癌に特異度が高い腫瘍マーカーである

  • CEA・CYFRA21-1は腺癌 ,SCC・( CYFRA21-1 ) は扁平上皮癌 ,NSE・ProGRPは小細胞癌で陽性率が高い
タイトルとURLをコピーしました