第64回 ( 2018年 ) AM76~AM80

臨床検査技師国家試験第64回 ( 2018年 )
スポンサーリンク

76. 異常プリオン蛋白によって起こるのはCreutzfeldt-Jakob病である

  • このほか , ウシ海綿状脳症 ( BSE ) も異常プリオン蛋白により引き起こされる

77. 膀胱炎患者の中間尿を , 5%ヒツジ血液寒天培地 ( 左 ) とBTB乳糖寒天培地 ( 右 ) の分画培地で35℃ , 24時間好気培養した写真を示す.

  • コロニーが中心部から波の様に広がっていることから , 培地上を遊走していることが分かりProteus mirabilisが考えられる

78. Legionella pneumophilaStreptococcus pneumoniaeはイムノクロマト法による尿中抗原検査がおこなわれる

79. MHC分子

  • 血小板-MHCクラスⅠ分子
  • 好中球-MHCクラスⅠ分子
  • T細胞-MHCクラスⅠ分子
  • B細胞-MHCクラスⅠ分子・MHCクラスⅡ分子
    • 赤血球はMHC分子をもたない
    • MHCクラスⅡ分子はB細胞・マクロファージ・樹状細胞・( 活性化 ) T細胞などの抗原提示細胞に発現する

80. 抗原抗体反応

  • 可逆的反応である
  • 水素結合が関与する
  • pH7付近で抗原抗体複合体は安定である
  • 低温や37℃付近でよく反応する抗体がある
    • 抗原と抗体の結合にはイオン結合や疎水結合も関与する
    • 補体は56℃ , 30分で非動化される
タイトルとURLをコピーしました