第64回 ( 2018年 ) PM31~PM35

臨床検査技師国家試験第64回 ( 2018年 )
スポンサーリンク

31. アニオンギャップ ( AG ) は AG= [ Na ] - ( [ Cl ] + [ HCO3 ] ) から求めることができ , 計算にはナトリウムイオンの陽イオンと塩化物イオン , 重炭酸イオンの陰イオンが必要である

32. 血清トランスフェリン

  • 3価の鉄を含む
  • 総鉄結合能に比例する
  • 1分子は2個の鉄と結合できる
  • 健常者では1 / 3は鉄と結合している
  • 蛋白分画ではβグロブリン分画に含まれる

33. 血糖検査において測定値が高いのは 動脈血 > 毛細管血 > 静脈血 の順である

34. 炭化水素鎖中に2つ以上の二重結合を持つ脂肪酸にリノール酸 , α-リノレン酸などがある

35. リポ蛋白粒子のコア部分には疎水性のトリグリセライドエステル型コレステロールが多く含まれる

  • リポ蛋白粒子の外側には親水性のリン脂質やアポリポ蛋白 , 遊離型コレステロールが存在する
タイトルとURLをコピーしました