第64回 ( 2018年 ) PM46~PM50

臨床検査技師国家試験第64回 ( 2018年 )
スポンサーリンク

46. 特異的かつ遺伝的にプログラムされた生理的刺激による細胞死をアポトーシスという

  • 栄養不足や毒物 , 外傷などの外的環境要因により起こる細胞死のことをネクローシスという

47. 肺癌 ( ※ )

  • 日本における死亡者数は増加傾向にある
  • 扁平上皮癌は肺門領域の発生が多い
  • 小細胞癌は予後不良群に含まれる
  • 腺癌は喫煙に関連する
  • 転移性肺癌は多発性腫瘤を形成することが多い

※ 解複数 ( 選択肢を1つ選ぶ問に対して解が2つ ) の問題

48. 乳癌

  • 一側性に発生することが多い
  • 遠隔転移臓器としては骨が多い
  • ウイルス感染は発症に関与しない
  • 癌の中でも予後が良い癌に分類される
  • 乳房の外側上四分円 ( C領域 ) に発生することが最も多い

49. ピクリン酸を含む固定液にはブアン < Bouin > 液ザンボーニ < Zamboni > 液などがある

50. パラフィン包埋法に用いる中間剤としてキシレンクロロホルムがある

タイトルとURLをコピーしました