第64回 ( 2018年 ) PM51~PM55

臨床検査技師国家試験第64回 ( 2018年 )
スポンサーリンク

51. アンモニア銀を用いる染色法として渡辺の鍍銀法Masson-Fontana染色などがある

  • このほか , PAM染色ではメセナミン銀液 , Kossa反応やGrimelius染色には硝酸銀液が用いられる

52. toluidine blue染色で異染性を示すものに軟骨基質 ( 赤紫色 ) などがある

  • 組織や細胞が色素本来の色調に染色されることを正染性といい , 色素と異なる色調に染色されることを異染性 ( メタクロマジー ) という

53. 肺の特殊染色標本

  • Grocott染色でアスペルギルス ( 真菌 ) が黒く染色された組織像である
  • このほか, 肺の感染症を疑った際におこなう染色法としてZiehl-Neelsensen染色 ( 肺結核 ) がある

54. 走査型電子顕微鏡標本の作製過程に超薄切は含まれない

  • 超薄切が必要なのは透過型電子顕微鏡標本の作製時である

55. 電子顕微鏡による検索が有用となるものに糸球体腎炎の分類神経内分泌顆粒の確認などがある

タイトルとURLをコピーしました