第64回 ( 2018年 ) PM61~PM65

臨床検査技師国家試験第64回 ( 2018年 )
スポンサーリンク

61. プロテインCはプロテインSを補酵素として凝固反応を抑制する

  • フィブリノゲン ( 第Ⅰ因子 ) ・プロトロンビン ( 第Ⅱ因子 ) ・組織因子 ( 第Ⅲ因子 ) ・フィブリン安定化因子 ( 第ⅩⅢ因子 ) は凝固因子である

62. 赤血球沈降速度を遅延させる疾患として赤血球増加症低フィブリノゲン血症などがある

  • このほか , 播種性血管内凝固症候群 ( DIC ) でも赤血球沈降速度が遅延する

63. 血小板凝集を惹起させるものとしてエピネフリンがある

  • このほか , ADP・コラーゲン・トロンビンなども該当する

64. 17歳の女性 , 発熱と頸部リンパ節腫脹を主訴に来院した. 血液検査では末梢血のリンパ球が著しく増加していた.

末梢血のMay-Giemsa染色標本

  • 一過性に出現する反応性リンパ球 ( 異型リンパ球 ) である. 年齢や主訴 ( 発熱 , リンパ節腫脹 ) から伝染性単核球症が考えられる
  • 伝染性単核球症はEBウイルスの感染を原因とする

65. 骨髄異形成症候群 ( MDS )

  • 染色体異常を伴う [ 造血細胞の5番染色体の長椀 ( 5q ) の欠失:5q-症候群など ]
  • 環状鉄芽球がみられる
  • 好中球の顆粒が乏しい
  • 微小巨核球がみられる
    • 骨髄は低形成ではないが , 無効造血となって血球減少を認める
    • 好中球に偽Pelger-Huet核異常を認めることが多い
タイトルとURLをコピーしました