第65回 ( 2019年 ) AM51~AM55

臨床検査技師国家試験第65回 ( 2019年 )
スポンサーリンク

51. 遺伝的因子加齢的因子は内因の代表例である

  • 化学的因子・感染性因子・物理的因子は外因である

52. Down症候群

  • 短頭を呈する
  • 常染色体異常を示す ( 21トリソミー )
  • 染色体数は47本である
  • 精神発達遅滞を認める
  • 出生約1000人に1人の頻度で発生する

53. 充血は局所の動脈の拡張による

  • 動脈血栓が原因となり , 病変部は暗紫色で温度が低下し , 長期に及ぶと線維性結合組織の増生を示すのはうっ血である

54. 大腸癌

  • 腺癌が多い
  • 血行性転移は肝臓に多い
  • S状結腸や直腸に多く発生する
  • 肉眼分類の1型は腫瘤型を示す
  • 早期大腸癌は粘膜下層までの浸潤にとどまるものと定義される ( 早期胃癌と同様 )

55. 結核症では乾酪壊死を伴う肉芽腫を形成する

タイトルとURLをコピーしました