第65回 ( 2019年 ) AM81~AM85

臨床検査技師国家試験第65回 ( 2019年 )
スポンサーリンク

81. MHC分子

  • クラスⅡ分子はヘルパーT細胞と結合する
  • クラスⅡ分子は外から入ってきた蛋白抗原を提示する
  • クラスⅡ分子にはHLA-DR , DQ , DPがある
  • クラスⅡ分子はマクロファージに発現している
  • クラスⅠ分子にはβ2-ミクログロブリンが結合している

82. 化学発光酵素免疫測定法 < CLEIA > に用いられるのはルミノールである

  • 金コロイドは電子顕微鏡検査やウイルス抗原の検出に用いられる
  • ルテニウムは電気化学発光免疫測定法に応用される
  • ルシフェリンは生物発光免疫測定法に用いられる
  • フルオレセインイソチオシアネート ( FITC ) は免疫抗体法 ( 蛍光抗体法 ) に用いられる

83. 不規則抗体のうち臨床的意義がある抗体は37 ℃で活性を示す抗体のことで , 抗P1抗体などは室温以下で反応する自然抗体であるため臨床的意義は低い

臨床的意義のある同種抗体の表

84. カラム法による血液型検査の結果

  • 判定:オモテ検査O型 , ウラ検査B型 , Rh ( D ) 陽性
  • オモテ検査の結果から抗A , 抗B抗体との反応は凝集がないためO型であることが , ウラ検査の結果からはA血球との反応が4+でB血球との反応はないためB型であることが分かり , 抗D抗体との反応は4+でかつcontrolは陰性であるためRh ( D ) 陽性であると判定できる

85. 問84のような判定結果となった原因として亜型過去の骨髄移植などが考えられる

  • 連銭形成は高γグロブリン血症などで起こり , 免疫不全患者ではウラ検査の反応が減弱または陰性化し , 不規則抗体の存在ではウラ検査で偽陽性反応を示すが4+の強陽性を示すことはまれである
タイトルとURLをコピーしました