第65回 ( 2019年 ) PM16~PM20

臨床検査技師国家試験第65回 ( 2019年 )
スポンサーリンク

16. 心電図波形-成り立ち

  • P波-心房の脱分極
  • QRS波-心室の脱分極
  • T波心室の再分極
  • PR時間-房室伝導時間
  • QT時間-電気的収縮時間

17. 心電図

  • Ⅰ , aVL誘導でST上昇がみられ , Ⅲ , aVF誘導で鏡像変化のST低下がみられることから梗塞部位は側壁となる
梗塞部位心電図所見
前壁中隔V1~V4誘導でST上昇
側壁Ⅰ ,aVL ,V5~V6誘導でST上昇
高位側壁Ⅰ ,aVL ,高位のV5~V6誘導でST上昇
下壁Ⅱ ,Ⅲ ,aVF誘導でST上昇
純後壁V1~V2誘導でR波増高 ,ST低下 ,陽性T波増高
好酸球
好酸球

この問題の詳しい解説はここをクリック!

18. Holter心電図検査

  • CM5誘導やNASA誘導では胸骨上に電極を装着する
  • 双極誘導が用いられる
  • NASA誘導ではCM5誘導よりP波がみやすい
  • 記録中の体位変化などによりSTは変化する
  • 狭心症の診断に有用である
    • 血管攣縮性狭心症 ( 異型狭心症 ) の診断に特に有用である

19. 脈波伝播速度 < PWV >

  • 加齢により増加する
  • 血圧の影響を受ける
  • 女性と比べ男性が高値を示す
  • 上下肢にカフを巻いておこなう検査法がある
  • 高値のとき心血管疾患発症リスクが高まる

20. 検査項目-測定方法

  • 残気量-ガス希釈法・体プレチスモグラフ法
  • 機能的残気量-ガス希釈法・体プレチスモグラフ法
  • ピークフローフローボリューム曲線
  • 肺拡散能 < DLco > -1回呼吸法・恒常状態法・再呼吸法
  • クロージングボリューム単一窒素呼出曲線
タイトルとURLをコピーしました