第65回 ( 2019年 ) PM41~PM45

臨床検査技師国家試験第65回 ( 2019年 )
スポンサーリンク

41. 中枢性尿崩症や心因性多飲症ではバソプレシンが低下する

  • 脱水症・肝硬変症・腎性尿崩症・ADH不適合分泌症候群 < SIADH > ではバソプレシンが上昇する

42. 成長ホルモンは低栄養状態で脂肪分解や蛋白質合成の促進 , 血糖維持のため上昇し高値となる

  • 低栄養状態においてアルブミンやコリンエステラーゼは肝臓での蛋白合成が低下するため , 低値となり , 遊離トリヨードサイロニン ( FT3 ) は代謝を下げるために低値となる
  • レプチンは高栄養状態で高値となる

43. ホルモン-分類

  • サイロキシン-アミノ酸誘導体ホルモン
  • 成長ホルモン-ペプチドホルモン
  • プロラクチン-ペプチドホルモン
  • 黄体形成ホルモン糖タンパク質ホルモン
  • 甲状腺刺激ホルモン糖タンパク質ホルモン

44. 原発性アルドステロン症では血漿レニン活性が低値を示す

  • 脱水・Addison病・利尿薬服用・腎血管性高血圧症・ネフローゼ症候群では血漿レニン活性は高値となる

45. 乳癌の分子標的薬投与の決定にはHER2を用いる

タイトルとURLをコピーしました