第65回 ( 2019年 ) PM81~PM85

臨床検査技師国家試験第65回 ( 2019年 )
スポンサーリンク

81. 新生児の梅毒血清反応において先天梅毒を示唆する所見として ,FTA-ABS法でIgM抗体が陽性であることが挙げられる

82. 間接蛍光抗体法による抗核抗体検査所見

  • この所見の染色パターンは斑紋型である

83. 斑紋型を示す自己抗体は抗ENA < 可溶性核抗原 > 抗体である

抗ENA抗体名考えられる疾患
抗Sm抗体全身性エリテマトーデス ( SLE )
抗U1-RNP抗体混合性結合組織病 ( MCTD )
抗SS-A抗体および抗SS-B抗体シェーグレン症候群
抗Scl-70抗体強皮症

84. モノクローナル抗体作製法

  • 細胞融合剤としてポリエチレングリコールを使用する
  • HAT培地中のヒポキサンチンとチミジンから核酸を合成する
  • 骨髄腫細胞とB細胞が融合したものはハイブリドーマと呼ばれる
  • 融合できなかった骨髄腫細胞はHAT培地中のアミノブテリンにより死滅する

85. 細菌に対する自然免疫の機能

  • Toll様受容体が菌体成分を認識する
  • 好中球は血中から炎症箇所に移動する
  • 粘膜を覆っている粘液には抗菌作用がある
  • 樹状細胞は抗原提示により獲得免疫への橋渡しをおこなう
    • 古典経路は“抗体依存性”であり , 抗体依存性でない別経路とレクチン経路が自然免疫である
タイトルとURLをコピーしました