第66回 解説 ( 2020年 ) AM41~AM50

臨床検査技師国家試験第66回 ( 2020年 )
スポンサーリンク

41. レシチンコレステロールアシルトランスフェラーゼ < LCAT > 反応の生成物はリゾレシチンエステル型コレステロールである

  • レシチンコレステロールアシルトランスフェラーゼ < LCAT > は遊離型コレステロールとレシチンからリゾレシチンとエステル型コレステロールの合成を触媒する

42. 細胞小器官-機能

  • Golgi装置-蛋白質の修飾 , 分泌物の形成
  • 滑面小胞体-脂質の合成やCa2の貯蔵
  • リボソーム-蛋白質合成の場
  • ミトコンドリア-ATPの産生
  • ペルオキシソーム-さまざまな物質の酸化反応に関与

43. 血中薬物濃度測定 < TDM > の対象となる薬物に抗不整脈薬 ( ジゴキシンなど ) ・免疫抑制薬 ( タクロリムスなど ) ・抗てんかん薬 ( カルバマゼピンなど ) ・アミノ配糖体抗菌薬 ( ゲンタマイシンなど ) などがある

  • 抗凝固薬は血中薬物濃度測定 < TDM > の対象ではない

44. 尿中デオキシピリジノリン < DPD >

  • 骨粗鬆症で高値を示す
  • 女性は男性よりも高値を示す
  • 悪性腫瘍の骨転移で高値を示す
  • 健常者では成長期に高値を示す
  • 原発性副甲状腺機能亢進症で高値を示す

45. 弾性線維の染色法としてorcein染色 ( 茶褐色 ) やelastica van Gieson染色 ( 黒紫色 ) などがある

  • Berlin blue染色は3価鉄 , toluidine blue染色は酸性ムコ多糖類など , Masson trichrome染色は膠原繊維を染め分ける染色法である

46. 小脳のKluver-Barrera染色標本

第66回の午前問46の問題画像
  • 矢印で示されるのはNissl小体 ( 顆粒 ) である
  • Kluver-Barrera染色はクレシルバイオレットでNissl小体 ( 顆粒 ) を青紫色に染色し , ルクソールファストブルーで髄鞘を青色に染色する

47. 透過型電子顕微鏡標本作製

  • ガラスナイフ-超薄切
  • グリッドメッシュ-超薄切片を拾い上げる
  • ダイヤモンドナイフ-超薄切
  • toluidine blue染色液-目的細胞の確認
    • テトランダー ( Tetrander ) 型ミクロトームは透過型電子顕微鏡標本作製には用いない
    • テトランダー ( Tetrander ) 型ミクロトームは脳の大型切片の作製に適した滑走式ミクロトームである

48. Papanicolaou染色に用いられる色素にエオジンY ( 桃色 ) ・ビスマルクブラウン ( 茶色 ) ・オレンジG ( 橙色 ) ・ライトグリーン ( 緑色 ) ・ヘマトキシリン ( 紺色 ) がある

  • クリスタル紫はグラム染色 , アゾカルミンGはAzan染色 , メチルグリーンはDNAの染色に用いられる

49. 萎縮を示す心臓のH-E染色標本

第66回の午前問49の問題画像
  • 矢印で示されるのはリポフスチンである
  • リポフスチンはシュモール反応陽性である
  • 萎縮した心臓や肝臓に認められる場合は褐色萎縮と呼ばれる

50. 脳梗塞は融解壊死が主体となる

  • 腎梗塞・肺梗塞・脾梗塞では凝固壊死が主体となる
タイトルとURLをコピーしました