第66回 解説 ( 2020年 ) AM51~AM60

臨床検査技師国家試験第66回 ( 2020年 )
スポンサーリンク

51. 陳旧性心筋梗塞のH-E染色標本

  • 病変の広がりを確認するために最も適している染色法はazan染色である
  • 心筋梗塞では壊死巣が膠原繊維に置き換わり瘢痕となるが , この膠原線維を染め分けるのにazan染色が有用である
  • azan染色では膠原線維がアニリンブルーにより青色に染色される

52. 細胞小器官-機能

  • Golgi装置-蛋白質の修飾 , 分泌物の形成
  • 滑面小胞体-脂質の合成やCa2の貯蔵
  • 粗面小胞体-リボソームで合成された蛋白質の濃縮および貯蔵の場
  • リボソーム-蛋白質合成の場
  • ミトコンドリアATPの産生

53. 器官・組織-胚葉

  • 心臓-中胚葉
  • 皮膚-外胚葉
  • 膵臓-内胚葉
  • 腸管-内胚葉
  • 中枢神経外胚葉

54. 染色法-目的物質

  • Alcian blue染色-酸性粘液 ( 青色 )
  • elastica van Gieson染色-膠原線維 ( 赤色 )・弾性線維 ( 黒紫色 )
  • Giemsa染色-造血組織における細胞形態の観察
  • Masson trichrome染色-膠原線維 ( 青色 )
  • PAM染色-腎糸球体の基底膜 ( 黒色 )

55. 固定

  • アルコール系固定液は組織収縮率が高い
  • アルデヒド系固定液は蛋白変性型固定剤である
  • オスミウム酸固定液はガラス容器等に保管する
  • ブアン < Bouin > 固定液は内分泌細胞の染色に有用である
  • グルタールアルデヒド固定では組織片を1 mm3大に細切りする

56. 薄切

  • ミクロトームは回転式と滑走式に大別される
  • ミクロトーム刃の先端の角度を刃角という
  • 引き角が小さいほど薄切切片のゆがみが強くなる
  • 滑走速度が速いと薄切切片にチャターが生じる
  • 薄切切片の乾燥は約60℃で1時間または37℃で一晩おこなう

57. H-E染色標本とPAS染色標本上の病原微生物

  • 赤痢アメーバである
  • 粘膜の表面に付着する赤痢アメーバがみられる
  • 赤痢アメーバは胞体内にグリコーゲンを有するため , PAS染色が陽性となる

58. 病理解剖において臨床検査技師がおこなえる業務に遺体の縫合がある

  • このほか , 臓器重量の測定・開頭・血液採取などをおこなうことができる
  • 承諾取得・遺族への説明・単独での執刀・病理解剖報告書の作成は医師がおこなう

59. 末梢血のMay-Giemsa染色標本

  • 遺伝性球状赤血球症が考えられ , 遺伝性球状赤血球症では赤血球浸透圧抵抗性が減弱する
  • 赤血球CD59欠損は発作性夜間ヘモグロビン尿症 ( PNH ) で , ADAMTS13は血栓性血小板減少性紫斑病 ( TTP ) で , ヘモグロビンSは鎌状赤血球症でみられる

60. トロンボモジュリンに結合したトロンビンの作用としてプロテインC活性化がある

  • フィブリン形成 , 第Ⅴ因子活性化 , 第Ⅷ因子活性化には ( トロンボモジュリンと結合していない ) トロンビンが関与する
タイトルとURLをコピーしました