第66回 解説 ( 2020年 ) AM61~AM70

臨床検査技師国家試験第66回 ( 2020年 )
スポンサーリンク

61. 白血球細胞の細胞表面マーカーでCD5 , CD20及びCD23が陽性であったとき , 考えられるのは慢性リンパ性白血病 ( CLL ) である

  • 慢性リンパ性白血病 ( CLL ) ではBリンパ球が単クローン性に増殖する
  • Bリンパ球はB細胞抗原であるCD19・CD20・CD23が陽性となり , T細胞抗原であるCD5も一部のBリンパ球で陽性となる

62. プロトロンビン時間 < PT > 及び活性化部分トロンボプラスチン時間 < APTT > に異常を示さない血液凝固因子欠乏症は第ⅩⅢ因子である

  • プロトロンビン時間 < PT > は外因系凝固能 , 活性化部分トロンボプラスチン時間 < APTT > は内因系凝固能を反映する
  • 第ⅩⅢ因子の異常はこれらに反映されない

表は横にスクロールできます ▶

 

 

PT

 

APTT

 

血小板数

出血時間

( Duke法で15分以内で正常

通常は3分以下 )

血小板無力症

正常

正常

正常

延長

先天性第ⅩⅢ因子欠乏症

von Willebrand ( 重症型 )

正常

延長

正常

延長

血友病A

正常

延長

正常

正常

先天性プロトロンビン欠乏症

延長

延長

正常

正常

先天性第Ⅴ因子欠乏症

延長

延長

正常

延長

先天性第Ⅶ因子欠乏症

延長

正常

正常

延長

先天性第Ⅻ因子欠乏症

正常

延長

正常

正常

※ 先天性凝固因子欠乏症における出血時間は止血後に再出血がなければ正常とされる場合がある

63. 二次線溶を反映する検査にDダイマーがある

  • Dダイマー はフィブリンがプラスミンによって分解される際に生じる
  • Dダイマーは播種性血管内凝固症候群 ( DIC ) などで高値となる

64. アンチトロンビンはセリンプロテアーゼインヒビターである

  • セリンプロテアーゼにはトロンビン ( 活性化第Ⅱ因子:Ⅱa ) や活性化第Ⅹ因子 ( Ⅹa ) がある
  • アンチトロンビンはこれらを阻害するセリンプロテアーゼインヒビターである

65. 血漿鉄消失時間が延長する疾患として再生不良性貧血がある

  • 血漿鉄消失時間が著明に短縮する疾患として , 溶血性貧血・鉄欠乏性貧血・真性赤血球増加症がある
  • 巨赤芽球性貧血では正常~やや短縮する

66. 骨髄穿刺液のMay-Giemsa染色標本

  • 矢印の封入体 ( アウエル小体 ) のもととなる細胞内成分はアズール顆粒である
  • アウエル小体を有する芽球がみられた場合は急性骨髄性白血病 ( AML ) が考えられ , アウエル小体が束状になったファゴット細胞がみられた場合は急性前骨髄性白血病 ( APL ) が考えられる

67. 真性赤血球増加症の95%以上の症例でJAK 2変異がみられる

  • このほか , 本態性血小板血症および原発性骨髄線維症の約50%の症例でJAK 2変異がみられる

68. Mycobacterium属で低温 ( 30℃ ) での培養が必要なのはM. marinumである

  • このほか , M.ulceransも低温 ( 30℃ ) での培養が必要である
  • 結核菌群 ( Mycobacterium tuberculosis Mycobacterium bovis ) は37℃でのみ発育が可能である

69. ヒト免疫不全ウイルス < HIV >

  • 逆転写酵素をもつ
  • 主な標的細胞はCD4陽性T細胞である
  • ウエスタンブロット法や核酸増幅法が確認検査として用いられる
  • 医療従事者における感染経路には針刺しがある
    • 針刺しでも感染しうるが , B型肝炎ウイルス ( HBV ) やC型肝炎ウイルス ( HCV ) と比較して感染力は極めて弱い
    • ヒト免疫不全ウイルス ( HIV ) はRNAウイルスの中でも逆転写酵素を有するレトロウイルス科に属する ( ヒトT細胞性白血病ウイルス:HTLV-1もレトロウイルス科に属する )
    • ノイラミニダーゼ阻害薬はインフルエンザウイルスの治療に用いられる

70. 膿のGram染色標本を示す. 分離菌はヒツジ血液寒天培地およびBTB乳糖寒天培地に発育し , カタラーゼ試験は陽性でマンニトールを分解した.

  • Staphylococcus aureus ( 黄色ブドウ球菌 ) が推定される
  • 好中球に貪食されたグラム陽性球菌 ( ブドウ状 ) が観察され , Staphylococcus aureusはカタラーゼ試験が陽性でマンニトールを分解する
  • Staphylococcus aureusと同属のStaphylococcus epidermidisはマンニトールを分解しない
  • グラム陽性連鎖球菌 ( Enterococcus属菌やStreptococcus属菌 ) はカタラーゼ試験が陰性である
タイトルとURLをコピーしました