【 臨床生理学 】正常心電図と記録紙の見方

まとめ
スポンサーリンク
ファージ
ファージ

心電図読解問題のまとめに入る前に、軽く正常心電図と記録紙の見方について復習しておきましょう。

スポンサーリンク

記録紙の見方

記録紙:高さ ( 電位 ) 1 mm , 横幅 ( 時間 ) 1 mmの方眼紙状になっており , 5 mmごとに太線になっている。

通常の紙送り速度:25 mm / 秒 , 感度10 mm / 1 mVでは

・縦軸1 mm ( 小さいマス1個 ) =0.1mV

・横軸1 mm ( 小さいマス1個 ) =0.04秒

となる。

正常心電図と基準値

PQ時間:0.12~0.20秒 ( 記録紙横軸:3 mm~5 mm )

QRS幅:0.06~0.10秒 ( 記録紙横軸:1.5 mm~2.5 mm )

安静時心拍数:60~100 / 分 ( 1500÷R-R間隔のマス数で1分間の心拍数が算出可能 )

波形 基準値
P 幅 0.06~0.10秒 高さ 0.25 mV
QRS 幅 0.06~0.10秒 高さ 誘導部位によって異なる
T 幅 0.10~0.25秒 高さ 0.5 mV ( 肢誘導 ) , 1.0 mV ( 胸部誘導 )
PQ時間 幅 0.12~0.20秒
QT時間 幅 0.30~0.45秒

ひとこと

ファージ
ファージ

過去に出題された心電図読解問題を読み解くには特にP-Q時間とQRS幅が重要になってきます。

タイトルとURLをコピーしました