臨床検査技師国家試験第66回 ( 2020年 )

第66回 ( 2020年 ) 解説 AM1~AM20

1. 臨床検査室において尿浸透圧の測定に用いられるのは氷点降下法である ガラス電極法はpHの測定で用いられる 屈折計法・陽イオン抽出法・メタクロマジー法は尿比重の測定で用いられる 2. 偽痛風で関節液中に認められるのはピロリン...
臨床検査技師国家試験第66回 ( 2020年 )

第66回 ( 2020年 ) 解説 AM21~AM40

21. 1回呼吸法による肺拡散能力 ( DLco ) の測定用吸入ガスには4種混合ガス ( CO・He・N2・O2 ) が用いられる CO2は含まれない 22. 静肺コンプライアンスが上昇する疾患に肺気腫 ( 慢性閉塞性肺疾患...
臨床検査技師国家試験第66回 ( 2020年 )

第66回 ( 2020年 ) 解説 AM41~AM60

41. レシチンコレステロールアシルトランスフェラーゼ < LCAT > 反応の生成物はリゾレシチンとエステル型コレステロールである レシチンコレステロールアシルトランスフェラーゼ < LCAT > は遊離型コレステロールとレシチン...
臨床検査技師国家試験第66回 ( 2020年 )

第66回 ( 2020年 ) 解説 AM61~AM80

61. 白血球細胞の細胞表面マーカーでCD5 , CD20及びCD23が陽性であったとき , 考えられるのは慢性リンパ性白血病 ( CLL ) である 慢性リンパ性白血病 ( CLL ) ではBリンパ球が単クローン性に増殖する Bリ...
臨床検査技師国家試験第66回 ( 2020年 )

第66回 ( 2020年 ) 解説 AM81~AM100

81. 血液型検査の結果 A型新生児であることが考えられる 新生児では抗体が検出されないため , ウラ試験は陰性となる ( 母親から移行した抗体が反応することがある ) A亜型は抗A試薬との反応は減弱し , 抗B抗体は検出さ...
臨床検査技師国家試験第66回 ( 2020年 )

第66回 ( 2020年 ) 解説 PM1~PM20

1. 慢性骨髄性白血病ではRT-PCR法が診断に有用である 慢性骨髄性白血病でみられるBCR / ABL1キメラmRNAの定量にRT-PCR法が用いられている 2. 核酸の純度を判定する際に用いられる吸光度の波長は260 nm...
臨床検査技師国家試験第66回 ( 2020年 )

第66回 ( 2020年 ) 解説 PM21~PM40

21. 健常成人で加齢とともに増加するのは残気量である 加齢にともない肺の弾性収縮力が低下するため , 肺内に残存する空気が多くなり , 残気量は増加する1秒率・1秒量・肺活量・努力肺活量は加齢により低下する 22. 健常成人...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました