臨床検査技師国家試験第66回 ( 2020年 )

臨床検査技師国家試験第66回 ( 2020年 ) 臨床検査技師国家試験第66回 ( 2020年 )
臨床検査技師国家試験第66回 ( 2020年 )

第66回 解説 ( 2020年 ) AM1~AM10

1. 臨床検査室において尿浸透圧の測定に用いられるのは氷点降下法である ガラス電極法はpHの測定で用いられる 屈折計法・陽イオン抽出法・メタクロマジー法は尿比重の測定で用いられる 2. 関節液中にピロリン酸カルシウムが認められ...
臨床検査技師国家試験第66回 ( 2020年 )

第66回 解説 ( 2020年 ) AM11~AM20

11. 染色体異常-疾患 t ( 8;14 ) -バーキットリンパ腫・急性リンパ性白血病・多発性骨髄腫 t ( 8;21 ) -急性骨髄性白血病 t ( 9;22 ) -慢性骨髄性白血病・一部の急性リンパ芽球性白血病 t ( 14;...
臨床検査技師国家試験第66回 ( 2020年 )

第66回 解説 ( 2020年 ) AM21~AM30

21. 1回呼吸法による肺拡散能力 ( DLco ) の測定用吸入ガスには4種混合ガス ( CO・He・N2・O2 ) が用いられる CO2は含まれない 22. 静肺コンプライアンスが上昇する疾患に肺気腫がある 高度肥満...
臨床検査技師国家試験第66回 ( 2020年 )

第66回 解説 ( 2020年 ) AM31~AM40

31. 基質と酵素の組み合わせでアンモニアが関係するものに , 尿素とウレアーゼ , グルタミン酸とグルタミン酸デヒドロゲナーゼがある ウレアーゼ・グルタミン酸デヒドロゲナーゼ法 ( 尿素窒素測定法 ) 尿素 -( ウレアーゼ )→...
臨床検査技師国家試験第66回 ( 2020年 )

第66回 解説 ( 2020年 ) AM41~AM50

41. レシチンコレステロールアシルトランスフェラーゼ < LCAT > 反応の生成物はリゾレシチンとエステル型コレステロールである レシチンコレステロールアシルトランスフェラーゼ < LCAT > は遊離型コレステロールとレシチン...
臨床検査技師国家試験第66回 ( 2020年 )

第66回 解説 ( 2020年 ) AM51~AM60

51. 陳旧性心筋梗塞のH-E染色標本 病変の広がりを確認するために最も適している染色法はazan染色である 心筋梗塞では壊死巣が膠原繊維に置き換わり瘢痕となるが , この膠原線維を染め分けるのにazan染色が有用である a...
臨床検査技師国家試験第66回 ( 2020年 )

第66回 解説 ( 2020年 ) AM61~AM70

61. 白血球細胞の細胞表面マーカーでCD5 , CD20及びCD23が陽性であったとき , 考えられるのは慢性リンパ性白血病 ( CLL ) である 慢性リンパ性白血病 ( CLL ) ではBリンパ球が単クローン性に増殖する Bリ...
臨床検査技師国家試験第66回 ( 2020年 )

第66回 解説 ( 2020年 ) AM71~AM80

71. 血液培養から分離された場合 , 汚染菌の可能性が高いのはBacillus subtilis ( 主に土壌に存在 ) やPropionibacterium acnes ( 尋常性ざ瘡の原因菌 ) などである このほか , St...
臨床検査技師国家試験第66回 ( 2020年 )

第66回 解説 ( 2020年 ) AM81~AM90

81. 血液型検査の結果 A型新生児であることが考えられる 新生児では抗体が検出されないため , ウラ試験は陰性となる ( 母親から移行した抗体が反応することがある ) A亜型は抗A試薬との反応は減弱し , 抗B抗体は検出さ...
臨床検査技師国家試験第66回 ( 2020年 )

第66回 解説 ( 2020年 ) AM91~AM100

91. 我が国の平成30年 ( 2018年 ) の食中毒統計で患者数が最も多いのはノロウイルスである 例年 , ( ウイルス性および細菌性を含めた全体の ) 食中毒患者数は圧倒的にノロウイルスによるものが多い 細菌を原因とする食中毒...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました