臨床検査技師国家試験第64回 ( 2018年 )

臨床検査技師国家試験第64回 ( 2018年 ) 臨床検査技師国家試験第64回 ( 2018年 )
臨床検査技師国家試験第64回 ( 2018年 )

第64回 ( 2018年 ) 解説 AM1~AM20

1. 医療機関での診断に至る手順 医療面接 → 身体診察 → スクリーニング検査 → 特殊検査 2. 対策とその作業の組み合わせ 感染対策-使用済注射針のリキャップはしない災害対策-診療支援体制の構築接遇対策-患者との疑...
臨床検査技師国家試験第64回 ( 2018年 )

第64回 ( 2018年 ) AM21~AM40

21. 簡易型終夜睡眠ポリグラフィでは睡眠段階は測定できない ”簡易ではない”終夜睡眠ポリグラフィでは睡眠段階を求めることができる ( 脳波 , 眼球運動も測定する ) 22. 気管支喘息発作時の肺機能検査では残気量が増加する...
臨床検査技師国家試験第64回 ( 2018年 )

第64回 ( 2018年 ) AM41~AM60

41. タクロリムス ( 免疫抑制薬 ) は血球への移行率が高いため ,血中濃度測定時は全血を用いるべきである 42. 骨代謝マーカー ペントシジン-骨吸収マーカーデオキシピリジノリン-骨吸収マーカープロコラーゲンⅢペプチド-...
臨床検査技師国家試験第64回 ( 2018年 )

第64回 ( 2018年 ) AM61~AM80

61. トロンボキサンA2は血小板から放出される 62. 播種性血管内凝固 < DIC > の診断に用いられる分子マーカー 可溶性フィブリンモノマー複合体プロトロンビンフラグメント1+2 < PF 1+2 >トロンビン・アンチ...
臨床検査技師国家試験第64回 ( 2018年 )

第64回 ( 2018年 ) AM81~AM100

81. 試験管内で37℃でおこなった反応のうち溶血が観察されるのは +モルモット補体 ヒツジ赤血球+抗ヒツジ赤血球抗体 ( 56℃ , 30分処理済 ) +モルモット補体 である ※  は反応後 , カルシウムと...
臨床検査技師国家試験第64回 ( 2018年 )

第64回 ( 2018年 ) 解説 PM1~PM20

1. 臨床試験業務 新薬開発のためにおこなう薬の安全性を調べるためにおこなう既存医薬品の効果の追跡調査をおこなう二重盲検試験に関わる臨床検査技師は偽薬投与患者を事前に把握できない臨床試験実施医療機関は外部評価による認定を取得すること...
臨床検査技師国家試験第64回 ( 2018年 )

第64回 ( 2018年 ) PM21~PM40

21. フローボリューム曲線を示す. 考えられる疾患はどれか. ピーク後に急峻な低下をし , 下に凸の形を呈しており慢性閉塞性肺疾患などの閉塞性換気障害にみられるパターンである 22. C線維は自律神経の節後線維である...
臨床検査技師国家試験第64回 ( 2018年 )

第64回 ( 2018年 ) PM41~PM60

41. 血中濃度モニタリングを必要とする薬剤にジゴキシン ( 抗不整脈薬 ) ・タクロリムス ( 免疫抑制薬 ) ・テオフィリン ( 気管支拡張薬 ) ・リチウム ( 双極性障害治療薬 ) などがある アスピリン( 抗炎症薬 ) は...
臨床検査技師国家試験第64回 ( 2018年 )

第64回 ( 2018年 ) PM61~PM80

61. プロテインCはプロテインSを補酵素として凝固反応を抑制 ( 活性化第Ⅴ因子・活性化第Ⅷ因子を失活 ) する プロテインCとプロテインSはビタミンK依存性凝固制御因子であるフィブリノゲン ( 第Ⅰ因子 ) ・プロトロンビン (...
臨床検査技師国家試験第64回 ( 2018年 )

第64回 ( 2018年 ) PM81~PM100

81. ELISA法 B / F分離を必要とする底部が平面のマイクロプレートを用いる感度は逆受身赤血球凝集反応より高いHIV感染の確認試験はウエスタンブロット法や核酸定量検査を用いる液体シンチレーションカウンタはRIA法で用いられる...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました